Smile
English 日本語
リサーチコンサルティング、点結び

広い視野: :  顧客は「ドリルより穴」という点結び'哲学はセオドアレビットの主張に触発されています。彼らが直面する問題に対する戦略的な答えを提供し、クライアントのブランドのための可能性を作り出し、あらゆる問題が解決されるまで対応し続けます。

ユーザーの視点から: 調査者と戦略的プランナーを組み合わるユニークなアプローチ。これは「利用者の視点から」物事を観察することのできる人が常にいることを保証します。

合成: 調査に対するアプローチも他社と大きく異なります。消費者に直接会って理解することは重要な要素であるが、それは唯一の要素だけです。複数の視点から調べることで、問題のコンテキストを理解し完全にそして充実した、可能性を見出すことも重要。したがって、並列事例調査、消費者セグメントの既存知識、ポップカルチャーでもチームはできるだけ多くの視点から任意のプロジェクトを見て取り掛かっています。

合同的に創り出す: そして最後に、調査のソリューション向けのアプローチと調和して、点結びはクライアントを含み可能な限りプロセスを共同的に創造することを目指しています。それは、問題に対処するためのアイデアの考慮または洞察を深めることも。

プロフィール

アミット シュリバスタバ

アミットは19年に渡り、人間の脳を理解することに没頭し、メディアプランナー、調査者、マーケター、広告アカウントプランナー、ブランドカンサルターなど様々な役割をはたしてきました。

長年に渡る国内外ブランドの経験を持ち、従来の定性及び数量調査、社会文化的分析や記号論、様々であるこれらのアプローチの合成によって初めて真実が見えてくると思っています。

自分の経験を若者に伝えるに熱心であり、企業幹部やインド内いくつ大学の学生向けのワークショップを実地しています。

点結び

more information
-->